電気設備工事を通じて社会に貢献し、私たちの未来を拓く

    基本に忠実に

    2016/11/1
            施工部 加納康充
            施工部 加納康充
     皆さん、こんにちは。施工部の加納康充と申します。
    今年も早いもので、残り2ヶ月となりました。11月に入り、暦では7日が「立冬」となります。日中は、まだまだ暑い日もありますが、朝晩特に寒さを感じる様になり、冬仕度を始めている方も多いかと思います。今年の夏には熱中症の予防をしながら厳しい暑さを乗り切る事が出来、本当に良かったと思いますが、今度はインフルエンザが流行る時期になってきます。今の時期から予防をして健康を維持しながら年末に向けて進めて行きたいと思います。
     話は変わりますが、私は松川電氣に入社して2年が過ぎております。「まだ2年」と思う反面「もう2年」と思う時があります。入社して直ぐに家庭を持ったという事もあるかと思いますが、1日1日学ぶ事が多く、勉強の日々が続いているからだと思います。この2年間の中で私は「基本」という事の大切さを強く感じています。施工に対しても、安全に対しても電気工事では、基本を無視すると重大な事故を招いてしまいます。私は、まだまだ知識も経験も浅く、安易な考えで行動してしまう事があり、先輩方に指導を受ける事が度々あります。その様な事を忘れる事なく、次に活かせる様に今後も「基本」を大切にして日々努力をしていきたいと思います。また、仕事だけではなく、自分自身が健康でいる事も大切な「基本」だと感じています。何をするにもまず、自分の体が健康でなければいけないと思います。仕事やスポーツ、遊ぶ事も含めて精一杯楽しむ為にも健康管理をしっかりして周囲の方に迷惑を掛けない様にしていきたいと思います。
     これからも、多くの事を学んでいきたいと思いますが、常に「基本」に忠実に健康でいられる事に心から感謝をし、高品質でお客様の要求以上のより良いものを施工出来る様に努力を続けていきます。

     



    一覧へ戻る