電気設備工事を通じて社会に貢献し、私たちの未来を拓く

    歳を重ねてわかること

    2015/08/01
             施工部 星野広幸
             施工部 星野広幸
    施工部の星野広幸です。皆さんいかがお過ごしでしょうか。いよいよ夏が来ました。自分の誕生日は終戦記念日の8月15日です。学生の頃はいつも夏休み中で誕生日が目立った時がなかった様に思い出します。自分は今年、誕生日を迎えると42歳になります。あれから何十年と、振り返れる歳になって来て、この20年早かったなあと思います。どうにでもなると思っていた20代、頑張れば何とかなると思っていた30代、どうにもならない40代、この先どうなっていくのかなあ〜。
     近年、何にでも書面に残すということで、資料を作ったりする仕事が増えて来て、「俺が悪い様にはしない」と言う様な口約束で済むと言う時代では無くなって来ています。「常に冷静な判断で、仕事、生活をする。」という目標を年頭に掲げたせいか、ストレスのせいか、毎晩お酒を嗜んでいます。多分お酒で酔い、ハメを外したくなるのだろうと自分は思います。それで家族に絡み、うるさがられると言う毎日です。歳のせいか、新聞を読む時間が長くなりました。色々知りたがりの自分になってしまったのかなあと思います。そんな日々を過ごしていますが、帰る場所があり、家族がいることの幸せを感じながら、時代に付いて行ける様に日々努力して、自分を奮い立たせて、成長して行きたいと思います。自分がこれから50代、60代になれば、また違った思い、物の考え方で、子供たち、親のことを考える様になって来るのではないかと思います。みんな順番に歳を重ねて行く物だと思います。弊社には、最近入社した若い社員が何人かいます。同世代の社員、先輩の社員もいます。個性のある人もいますが、みんな良い人ばかりです。それぞれの年代の考え方、力量もありますので、趣味を共有し、コミュニケーションを図り、共に頑張れる様にタクトを振るいたいと思います。
     会社には、緊張感、厳しさが必要だと思います。それにプラスして、仕事にやりがいを持って、楽しく笑顔で出社出来る職場が、ベストだと思います。その楽しさ、笑顔が、景気を良くする力になるだろうし、人々が、幸せになりモチベーションを上げ好業績を呼ぶことに繋がって行くと思います。弊社経営理念にもある様に、自分の人間力をつけ、子供たち、会社に何か残せる様に、今を、40代を魂を込めて頑張りたいと思います。



    一覧へ戻る